hw160_72a

出産祝いにぴったりな「おすすめ絵本」

子供の完成を育むプレゼント

出産祝いとして喜ばれることの多いものの一つが絵本です。
お母さんが赤ちゃんに読んであげることができるため、絵本は親と子の絆を深めるために役立つのです。
出産祝いといえば、おもちゃをあげたり、お菓子をプレゼントするのが定番となっているのですが、そんな中であえて絵本を贈ってあげれば、受け取った人はとても喜んでくれるでしょう。

にしもとようさんの「うまれてきてくれてありがとう」という作品はとてもおすすめです。
こちらは親から子への気持ちをストレートに伝えることのできる作品であり、子供は自分が生まれてきて良かったのだと強く肯定できるようになります。
メッセージ性の強い作品であり、子供に与える影響力はとても大きな作品なのです。

「かみさまからのおくりもの」という作品はひぐちみちこさんによる素晴らしい絵本です。
子供にはいろいろな個性があるのですが、それらはすべて神様からの贈り物だよというメッセージのこもった作品です。
自分の子供にはいったいどのような贈り物が与えられたのかを考える良い機会となり、大人にとっても考えさせられる作品となっています。

「ビロードのうさぎ」という作品は、世界中で愛されている名作の絵本です。
子供の感受性を豊かにしたいと考えているなら、こちらの絵本はとても良いでしょう。

絵本は子供の情緒を豊かにするばかりではなくお母さんと子供の大切な時間を共有するものでもあります。
子供が寝むる前やお出かけ先で子供が飽きてしまった時、お母さんが子供に絵本を読み聞かせることで子供は安心して落ち着きます。
おもちゃは子供が一人だけで遊べるものですが、絵本はお母さんが読み聞かせるものなので子供との時間が増えるのです。
お母さんが通際ころに絵本の読み聞かせをしている場合、子供が成長しても

おすすめできる絵本

「だいすきぎゅっぎゅっ」という作品は子供を思わず抱きしめたくなるような絵本です。
子供への愛情の大切さを強く実感することができる絵本となっていて、とてもおすすめできます。
親子が大好きな気持ちを正直に伝え合うために抱きしめることは大切だという内容です。

「どんなにきみがすきだかあててごらん」という絵本はほのぼのとした気持ちになりたいときには最適な絵本です。
登場人物は二匹のうさぎなのですが、どちらの方がより相手が好きなのかを競い合うという内容になっています。
この作品を通して、相手のことをすきでいることがどれだけ幸せであるのかが実感できるようになるでしょう。

「だーれだだれだ!」という絵本はちょっとした仕掛けが子供を楽しませてくれる絵本です。
スライド式になっており、これによって、いろいろな変化を楽しめる作品です。
子供はこちらの絵本を読むことによって、自然と素敵な笑顔を見せてくれるでしょう。

「かずをかぞえよう」という絵本は世界的なベストセラーとなっている作品です。
子供への教育にとても役立つ絵本であり、これを受け取ったお母さんはとても感謝してくれるでしょう。
他にもたくさんの絵本が存在するため、それらの中から最適なものを探しましょう。