coin001

出産祝いの相場について

相手に決めてもらうのもアリ

身近な人に赤ちゃんが生まれたときにはぜひとも出産祝いを贈るべきなのですが、どのくらいの相場のものを贈ればいいのか悩みどころです。
この、出産祝いというのは無事赤ちゃんが生まれたことを祝うものであり、そのために品物やお金を贈ることです。
基本的にはこれからの生活に使える便利なアイテムや、あるいは現金やカタログギフトを贈るという方法もあります。

相手との関係性によって、どのようなものを贈るべきか考えるべきでしょう。
相手がどんなものを欲しがっているのかよく知っているような関係性ならば、現金よりも物を贈った方が喜ばれやすいです。
しかし、相手のことをよく知らない場合には下手なものを贈ってしまわないように現金や商品券の方が良いでしょう。

味気なさを感じる方がいるかもしれませんが、受け取る方はそのようなことは考えないものです。
むしろ無理に現物を贈ろうとしてしまうと、受け取った方が困ってしまうため気をつけましょう。
どうしても品物選びに迷ってしまうようならば、無理に物にこだわる必要はまったくないのです。
出産祝いの相場としては、相手との関係性によって異なるため注意しましょう。

どのくらいの相場となっているのか

もし自分の子供が出産した場合には3万円から5万円程度が相場となります。
一番の身内なのですから、そのぐらいは親として奮発して出してあげるべきでしょう。
兄弟姉妹に子供が生まれたならば、1万円から3万円程度が相場と考えましょう。

親戚の場合には3,000円から1万円程度となっており、関係性が遠くなるほど金額の相場も低くなっていくのです。
ただし、個人的にお世話になっていたり、親しい間柄ならば、もっと高いものでも良いでしょう。
友人に関しては出産祝いの相場は5,000円から1万円程度が相場となっています。

友人については現金の受け渡しを嫌うケースもあるため、相手に合わせましょう。
また、友人であれば、特に親友といえるような存在ならば高いものを贈っても良いでしょう。
あるいは、友人みんなでお金を出し合って、大きなものを一つ購入するという方法もあります。

会社の同僚に対しては3,000円から5,000円ぐらいが相場となっています。
赤ちゃんが生まれてから一週間から一ヶ月までの間が出産祝いを渡す時期となります。
直接渡したいと考える方は多いのですが、その場合は出産直後は避けた方が良いでしょう。

出産前に出産祝いを贈ってしまうようなことは絶対に避けるべきです。
万が一、赤ちゃんが無事に生まれなかったとしたら、出産祝いを贈るべきではないからです。
いろいろなことに気を使いながら、相手が喜ぶような出産祝いを準備しましょう。